鉄道模型とプラレールの違い

今回プラレールを取り上げておりますが、鉄道模型のお店:レトモでは、 プラレール及びその関連商品を一切取り扱いしておりませんので、 予めご了承ください。

今回も鉄道模型初心者こと「N」と共に、鉄道模型について学びましょう(^^。
さて、第2回目の今回は鉄道模型とプラレールの違いを考えたいと思います。
初心者である私は初め、「鉄道模型」≒「プラレール」で「まぁ似たようなもんだろう。」と、 勝手に思っていた節があります(^^;
しかし、そこには大きな落とし穴(?)があったのです(^^;

プラレールとは

細かい話はタカラトミーの"プラレールとは"に譲りたいと思いますが、
内容を要約すると…

  1. 専用のプラスティックのレールの上を走る(なくても走りますが)
  2. 3両までしか連結しない(強引につなげようと思えば繋がるかもしれませんが…(^^;)
  3. 1両につき車輪が4つ
  4. モーター内蔵で電池で動く
  5. トミカタウンと繋がる
  6. 運転(操作)が出来ない※注 他社製で運転する為の商品が出ていますが、純正品では出ていないのでここでは扱いません。
  7. 結構丈夫

最後の「結構丈夫」は私も昔遊んだ実体験によるものです(^^。
鉄道模型初心者とは言え、やはり昔は似たもので遊んでいたんです(^^ゞ
この中で一番の違いは集電の違いです。
前回(鉄道模型初心者第1回を参照)鉄道模型は線路から集電し、モーターを稼働させると学びましたが、 プラレールでは本体の中で完結しているので、 レールや車輪などのメンテナンスがほとんど必要ないと言うこととなります。
また、子供の手で握りやすい大きさで、更に丸みを帯びた形状をしている点も特徴と言えそうです(^^。

つまり…?

専用のレールの上を走る点以外は基本的にぜんぜん別物と言うことに…(^^;
初心者の思い込みとは恐ろしい…(亘o亘)
しかし、共通点として専用レールの上を走る以外にも

  1. 統一された縮尺である(一部大きな物とかがありますが(^^;)
  2. 色々なレールがある(直線だけじゃない)
  3. 細部にこだわる
  4. モーターで動く

そんなところでしょうか(^^。
細部にこだわるという点で言えば、鉄道模型のTOMIXはブランド名でタカラトミーが親会社ですので、 そういった点で関与している部分があるのかもしれません。
それにしてもプラレールも奥が深いですね(^^。
小さなお子様(特に小学校入学前)には鉄道模型の導入として、また、初心者にわかりやすく説明としては扱いが案外楽なので良いかもしれません(^^。


まとめ

  • 鉄道模型とプラレールはまったくの別物。
  • しかし共通点がある。
  • ただ見た目はBトレの親分(^^;
  • 初心者の思い込みは恐ろしい…

Last UpDate:2013/1/8